スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
適職か?敵職か?
シェアブログluunaに投稿

俺今やってる仕事適職なんだろうか?

ズバリ適職ですっ!(自画自賛)

適職でも有り、そうじゃない部分もあるでしょう^^。
それはもうどこでもそうだと思っています、業務は自分がやりたいこと
だけじゃない。
もしかしたら人間関係が適職という思いに幕を張る事も有るでしょう^^。

さてぇ…俺は適職診断適職テスト、何度か受けたことがあります。

いつも俺にとって適職と出るのは、、
○営業関係
○芸術家
駄目と出るのが
×教師
となります(笑)、これは結構若いころの結果。
実は最近でもないんですがほんの数年前のこと、仕事で外出し、
帰途時間が余ったのでとある大型ショッピングセンターへ…
すると就職フェアなるものをしていました。
そこでパソコンを使った適職診断なるものがあり、恐る恐る係りの女性に
「あのぉ~、やっても良いですか?」と(笑)
数年ぶり、いや10何年ぶりになるので流石に変わってるだろうと思いきや、
結果は同じでした(((爆笑)))

適職診断適職テスト通り?近い職に就いているのですが、
それでも実際不満、と言うか向いてないと思う部分は正直はあります^^。

でも合っているとは自分でも思っています^^。
先ず一種趣味…好きな事と言うことです、「モノを作る」事は子供のころから
大好きだった、それを今現在もできているという事ですね。
それから俺にとっていつも「向上心」を持っていられる仕事だということ。
これはいつも緊張感を持って仕事に打ち込めるし飽きが来ないという点で
す、同じような仕事でも同じようじゃない。。それは自分次第という所に
魅力を感じています。
それと、人との出会いが多いこと、俺は人見知りなのですが人と話す事は
大好きという特技がありますw(ぇ?)
だから実務以外の面でも向いていると思っています。

俺は恵まれているのかもしれないですね^^。


・就職活動中の人
・仕事をしているけどなんかパッと来ない人
・転職を考えている人
そんな人のためのサイト適職診断マニュアル
どんなサイトなのか?

カテゴリ一覧は
・適職とはどんな職業?
・就職サイトで適職診断
・適職を見つけるためにやっておくべきこと
・適職の探し方
・「適職発見」こんな手段もある!

などと自分の適職を判断する材料になるかもしれないコラムが
多数掲載されています^^。
もしかしたらこのサイトがキッカケで自分の適職に気がつくキッカケ切欠を
見つけられるかもしれません^^。
適職なんてやってみないと分からない部分もあると思います。
自分で見つけたり、またやってみて見つけたり。
でも見つけられない人や、いつも悩んでいる人も大勢いるでしょう。
そんな人は一度一読されてみては如何でしょう^^。

俺が特にコンテンツで興味を持ったのは…
・適職の探し方 の中の どんな仕事があるかを知る です。
俺の仕事は分業です、そして仕事の肩書きが同じでも業務内容が大きく
職場で異なっているケースが多々有ります。
色々な会社によって可能性は無限にあるということ。
まさにこのコラムの書かれてあることは「可能性」に気付かせてくれる
と思います^^。

適職か?はたまた敵職か?
そうぞ『適職診断マニュアル』を見てみてください^^。
答えが見つかるかもしれませんよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。